ホワイトニングについて

歯の黄ばみ(着色)について

投稿日:

今回は歯の黄ばみについて。

歯の着色は「エナメル質」と「象牙質」と両方で起きます。

歯の「エナメル質」と「象牙質」について

歯の表面は硬いエナメル質で覆われていて、その内側に象牙質という歯の主体があります。

歯は白いってイメージですが、この表面のエナメル質は半透明なのです。

つまり、エナメル質より内側にあるものの色により、歯の色は違ってみてきます。

象牙質は黄色っぽい色をしているので、エナメル質が薄くなったりすると、歯が黄ばんで見えます。

エナメル質の着色(黄ばみ)について

エナメル質は半透明ですが、生きていく上でどんどんと着色していくのが普通です。

着色の原因は「タバコ・紅茶・コーヒー・赤ワイン」などが代表例です。

こういった着色の原因にあるものには、細かい色素の粒子があります。

歯のエナメル質の表面は、実は凸凹があるりますし、年をとるにつれて亀裂も多くなります。

こういった部分に、「タバコ・紅茶・コーヒー・赤ワイン」などの色素の粒子が入り込み着色として目に見えるようになります。

象牙質の着色(黄ばみ)について

そして、エナメル質だけでなく象牙質も色が変化することがあります。

先ほどの流れで象牙質まで着色が届いていったパターンもありますし、テトラサイクリン系の薬剤が原因になっているケースもあります。

昔からあるテトラサイクリン系の薬剤を歯胚の形成期に投与されると、その後、紫外線に当るたびに色が濃くなっていく性質があります。

それ以外にも加齢により、第二象牙質が形成されたり、象牙細管が狭くなったりします。

平たく言うと、象牙質の密度や厚みが増すことにより、着色とは違うが見え方が変わってきて変色したように見えます。

-ホワイトニングについて
-,

Copyright© ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ|3ヶ月使った効果【写真あり】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.